チーク材の手入れと特徴(アジアン家具)

チーク材の手入れと特徴(アジアン家具)

インテリア libursini

チーク材


スポンサードリンク800.jpg

チーク材とは

チーク材チークは優良高級材として様々な用途に用いられるます。材質は堅く強靭で、耐久性があります。加工も容易で、よく乾燥させた場合は伸縮率が小さく家具に向いた木材です。チークは、油分(良質木製タール)が多く含まれており、腐食に強く、しっとりとし光沢が魅力。年月が経てばいっそう輝きが増し、重厚感、味わいを熟成する材質です。水にも強いので、甲板・内装などの船舶用材や建築材として広く使用されています。高価であるため、薄くスライスして突き板の表面材にも用いられます。

チーク材のお手入れ方法

エアコンなどの人工の風により、美しい表面にヒビが入ることが考えられますので、事前に加湿器などでお部屋の乾燥を防ぎましょう。定期的に家具用のニスやワックスなどを塗ると美しい光沢や風合いを持続できます。

スポンサードリンク

素材について

無垢材・取扱メンテナンス

無垢材・お手入れ方法

アジアン家具Q&A

家具の補修&塗装

アジアン家具について

よくあるご質問