無垢の家具のお手入れ方法

無垢の家具のお手入れ方法

インテリア libursini

無垢の家具のお手入れ方法


スポンサードリンク800.jpg

無垢の家具のお手入れ方法

全ての家具にヒビ、割れ、反り等の現象が起こるわけではありません。
同時期に製作した物でもAさんのところでは全く問題がなくBさんのところではヒビが入ったなどということがあります。ご使用になる場所の乾湿などの環境の違いによりこういった例がでてきてしまいます。家具は製作前に木材の乾燥をし含水率を測っておりますが気候の違いにより稀に起こってしまうさまざまな現象を100%防ぐことはできませんが 下記の防止策をお読み頂き参考にして頂ければ幸いです。

直射日光・冷暖房の直接当たる場所

無垢は呼吸している為、直射日光に当たりっぱなしになったり又極端な乾燥・湿気の多すぎる場所でのご使用は木に変化を与えてしまいます。当店でも空調が強くなる季節には加湿器等を置き、乾湿調整を心がけております。コップに水を入れたものを家具の中にいれたりするだけでも違います。

輪染みについて

オイル塗装されただけの木は熱により変色する場合がございます。
また濡れた物を長時間置きっぱなしにした場合も同様です。
輪染みも家具にとって味になっていきますが、気になる方はランチマットやコースターを
ご使用することをお勧め致します。

普段のお手入れ

普段のお手入れは乾拭きの布で拭いてあげる程度で構いませんが、
時々家具用のオイルで油分を浸透させてあげて下さい。
テーブル等の場合、通常水拭きをするかと思いますが、できるだけ固く絞った布で水拭きを
お願いします。
木に余分な水分を与えすぎるとダメージの元になりやすい場合があります。

スポンサードリンク

素材について

無垢材・取扱メンテナンス

無垢材・お手入れ方法

アジアン家具Q&A

家具の補修&塗装

アジアン家具について

よくあるご質問