めっきとは(意味と特徴)

めっきとは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

めっき

インテリア用語辞典

めっき金属表面を他の金属で覆う仕上の処理法。美観、耐腐食、耐摩耗性などが目的で、椅子やテーブルの脚のクロームめっき、時計やハンドルなどの金めっきなどがおなじみ。塗装、アルマイトなど他の表面処理とは明確に区別される。漢字では「鍍金」と書き、カタカナで書くのは工業的には正しくない。

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル