バウハウスとは(意味と特徴)

バウハウスとは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

バウハウス

インテリア用語辞典

バウハウス1919年、ドイツのワイマールに設立された建築とデザインの国立総合芸術学校のこと。
BAU(バウ)はドイツ語で「建築」を意味し、芸術と生活を統合する存在である建築を中心に芸術と手工業、職人的技術など一切の造形活動を統合することを謳った。初代校長である建築家のヴェルター・グロピウスや、画家のワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーミス・ファン・デル・ローエなど20世紀を代表するそうそうたるメンバーが教鞭をとった。シンプルかつ、美しい造形、大量生産を前提とした知的な設計、高い機能からくる合理性が特徴。デザインの分野にとどまらず、今世紀の文化全般に対して計り知れない影響を与えている。

詳しく見る

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル