ネオクラシック様式とは(意味と特徴)

ネオクラシック様式とは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

ネオ・クラシック様式

インテリア用語辞典

ネオ・クラシック様式18世紀~19世紀にフランスを中心に流行した様式。それまでのバロック、ロココ様式からの反動で古典の再評価を図ったもの。椅子脚のデザインなどじは直線的になり、優美なものが多い。建築外観同様にインテリアも建築的な構成をとるようになった。新古典主義ともいう。

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル