アールヌーボーとは(意味と特徴)

アールヌーボーとは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

アール・ヌーボー

インテリア用語辞典

アール・ヌーボー19世紀末から20世紀初めにフランス、ベルギーを中心として広まった世紀末的造形運動もしくはそれによる様式のこと。フランス語の「新しい芸術」の意の通り、曲線主体の有機的なデザインと非対称の構成を特徴としている。モチーフとして草の茎、炎、波をベースにした流れるような曲線が多様された。代表作家としてはスペインのカウディ、イギリスのマッキントッシュなど。

詳しく読む

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル