チーク材とは(意味と特徴)

チーク材とは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

積層合板

インテリア用語辞典

チーク材あかね科の落葉広葉樹林。主に東南アジアが主産地で世界的に好まれる高級木材。比較的硬く、金褐色または濃褐色、手触りもよく、気品ある味わいがある。そり、伸縮も少ないため室内装飾や家具に適している。腐食にも強く耐久性が強いため、屋内、屋外両方に対応でき、ガーデニングにも適している。 チーク材について

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル