積層合板とは(意味と特徴)

積層合板とは(意味と特徴)

インテリア libursini

インテリア用語辞典


スポンサードリンク800.jpg

積層合板

インテリア用語辞典

積層合板ブライウッドのこと。木材を1~3mm程度の薄さにそぎ、それを木目がお互いに直行するように重ね、熱と圧力をかけて接着したもの。一枚板と違い木目方向に左右されないので、品種が均一で強度が高く、歪み、反りが出にくい。またか加工時に曲面にすることもできるため、成型の自由度が高いのがメリット。イームズのLCWがその代表作であり、第二次世界大戦中に添え木をヒントに作られたといわれている。一般的にはベニア板と呼ばれている。

インテリア用語辞典『リブールシニ(libur sini)』

スポンサードリンク

おすすめ商品


バリアート・絵画

チーク・イタリーチェア・ブラック
ウォーターヒヤシンスソファ・チューリップ

カピス ロータスランプシェード イエロー
チーク・コンソールテーブル